29歳 妊活主婦

不妊治療中、子なし主婦の日々のブログ

卵管通水検査

不妊治療を開始するにあたって、数回に分けて以下の検査をしました。

 

①血液検査(ホルモンの量をみる)

②細菌検査(粘液を採取して細菌や病気がないかみる)

③卵管通水検査

④性交後試験(ヒューナーテスト)➡まだやってません(;´・ω・)

⑤精液検査

 

不妊治療をする前に検査検査でした。

そして、内診台に乗るのが億劫でした。(それだけで結構疲れていたかも(笑))

 

 

 

上記の検査の中でも卵管通水検査が結構痛かったです・・・・・

以下、私が受けた卵管通水検査の流れ

 

 

 

①血液検査

→別の注射をされる前のホルモンの量を見るため

②ホルモン?注射

→これされると、ウソみたいなんだけど、瞬間から気持ち悪さと頭痛とおしっこしたい気分に襲われる・・

→その後、数分待機。本を読もうとしても目がかすんで読めませんでした💦

③血液検査

→ホルモン注射後のホルモンの量を調べる為

④卵管通数検査

→事前に卵管が詰まっていると痛いと聞いていたのですごく身構えました。内診台のった瞬間に怖すぎて足とじて、先生に「まだ始まってもないよ(笑)」とか言われました。

管を入れているときは、生理痛で便がでそうで、でない時みたいな鈍痛を感じました

→結果、卵管が結構詰まっていたので、かなり痛かったです(´;ω;`)

先生もやってよかったですよ!とか言ってた。そして、そばにいてくれた看護師さんが手を握ってくれていたのですが、痛すぎて、すごい強さで握ってしまいました(笑)

⑤注射

→すみません、なんの為の注射かわからないけど、されました(笑)

 

 

というような流れで、卵管通水検査は無事終了しました。(当日入浴は控えました)

(検査を行ったのは前なので、すこし順番がちがうかもしれませんが)

 

体質かもしれないけど、終わった後は鈍痛が地味続くので、歩くのも控えたいという感じです。血も出ました(少しだったかな)

 

 

卵管通水をやった感想ですが、

もう一言に尽きます。

 

「もうやりたくない」

 

 

 

 

 

 

 

卵管通水終わった後、

結構、手間をかけさせてしまったので、看護師さんや先生に「手間をとらせました、すみません」とか何とか話をしたのですが、

 

看:「お産か?と思うぐらい叫ぶ人もいるし全然大丈夫や!」

先生:「こんな言い方アレやけど、全然マシな方です」

 

といわれました・・・

 

 

 

痛みは人それぞれですね。。。